もともとライブや演劇が好きだったにもかかわらず、最近観ることが少なくなりました。
これではいけない、と思っていたところ興味深いものを見つけたので行ってきました。

ひとつめ
石巻で開催されているリボーンアートフェスティバルのプログラムのひとつ「四次元の賢治」。
中沢新一さんが脚本を書かれており、珍しい試みだということで興味を持ちました。
昨今各地で芸術祭が開催されていますが、リボーンアートフェスティバルは石巻の復興をテーマとしています。
災害に対してアートがどう関わることが出来るのかということと、ネットでの評判はさておき自分の目で確かめてみないとわからないこともあるので、夏休みを利用して石巻に行きました。
さて、四次元の賢治は、蟹の世界、人間の世界、法華経の世界と幾層にもわかれた世界が描かれていて、それぞれの世界が相互に作用しながらも共存していく様が描かれていました。
共存といっても持ちつ持たれつという関係ではなく、蟹にとって人間はクラムボンや金雲母を奪う残念な存在ですし、人間は煩悶の中にいて何かにすがるのだけれども解決にはならない。賢治はそれらの世界を横断する存在。
こう書くとすこし重苦しい内容に聞こえるのですが、演者の軽さがそれをヒラリとかわして、理不尽な現世を俯瞰するような試みでした。(私見です)
正直なところ、このポストロックオペラと称した舞台が良いものか、そうでないのか私には判断がつきません。
既存の価値基準とは少し違う要素が多いためです。
蟹の兄弟の演技はあれでよいのか、賢治の妻は強すぎるのではないか、映像のサイズ、言葉の意味、演出家は誰なのか。気になる点がいくつかあります。
でもたぶんそういったことはどうでもよいことなのでしょう。発信する側がなにかしら思いがあって、それを受け止める方々がいれば成立するのだと思います。
石巻で開催する意味も大きかったですし、地元と思しき方々が多く会場に訪れていたのも興味深く思いました。

ふたつめ
石巻からもどった翌々日に横浜トリエンナーレの関連プログラムとして開催した「水族館劇場 もうひとつの この丗のような夢 ​寿町最終未完成版」を観てきました。
水族館劇場は活動歴が長いものの観るのは初めてです。というか存在を知ったのはつい最近のことで、前回花園神社での公演のレビューを見つけて興味を持ちました。
なにやら水を大量に使うらしいことと、今回の公演場所は寿町の建設現場で行うということ以外は予備知識が無い状態でした。
さて、寿町に向かうと道路には労働者のオッサンたちがたむろしています。
その一角に仮設遊園地のような「盗賊たちのるなぱーく」という名のエリアが舞台です。古書店や理髪店もあり、写真の展示、前日の雨のせいか敷地のところどころに水が溜まって池のようになっていますし、どうみても観客とは思えないような方もチラホラまざっています。
時間になると公演の前に前芝居がはじまりました。
混雑する観客の間を走り抜けていく役者。後ろから、前から、、、さらに上から、いたるところから声が上がり、人が現れて消えていき、一瞬にして日常が舞台空間へと移りかわりました。
台詞は聞こえづらいし、向こうの建物から「うるせー」という怒鳴り声が聞こえるし、それはもう見事なものでした。至福の20分でした。
さて、前芝居が終わると順番に劇場に通されて、そこは意外にもきちんとした空間でした。しかし風が吹けば仕切りの布がはためくし、舞台の奥は閉じていないので街の風景が重なります。外からは車の音、子どもが騒ぐ声、爆竹の音、観客席からもヤジが飛んだりという、いまどきの舞台空間ではありえない状況です。
寿町の街と舞台とがまさに渾然一体となっていました。
そして、直前まで脚本を渡されないために役者の方々は長台詞など大変そうでしたが、テンポと熱量は相当なものでした。
舞台転換の幕間に人間ポンプを観ることができました。

そんな二つの舞台ですが、なにもかも違うので比較することはできません。
しかしながらどちらも自分の中には残るものがありました。
四次元の賢治は第二幕も気になりますし、水族館劇場は次にどこに向かうのか目が離せません。



[PR]
# by tonpu-2 | 2017-09-06 20:00 | 旅行 | Comments(0)

右肩を痛める

4月末から6月末までは仕事の繁忙期でゆっくりとブログを書く余裕もありませんでした。
筋トレも週二回のはずが平日はなかなか思うように通うことが出来ず、土曜日に一度通う程度になってしまいました。
体が少しなまっているにもかかわらず、いつもと同じようにトレーニングを行ったせいなのか理由ははっきりわからないのですが、右肩を痛めました。
近所の温泉でマッサージを受けた時に、かなり入念に右肩をグリグリされてとても痛かったので、それが原因のような気もします。その翌日から痛みが始まったので。

仕事のストレスも大きく、いっしゅん持病が悪化したのかと思いました。
しかしお腹の調子は悪くはありません。

いずれにせよいつものような負荷でトレーニングを行うことが出来ず、特に肩を使うものは控えています。
しばらくのあいだ湿布を貼っています。
少しずつ良くはなっているのですが、思いのほか時間がかかっています。



[PR]
# by tonpu-2 | 2017-07-10 20:00 | 筋トレ | Comments(0)

筋トレ

意外にも続いています。
始めてからもう半年ぐらいになるのでしょうか。
おっかなびっくりだったフリーウェイトゾーンにもすっかり慣れて、主のような人が居ても臆することなくトレーニングに励んでいます。

最近はクイックアンドスローという方法を取り入れました。
10回できるかどうかという負荷を早いスピードで行い、その後に6割程度の負荷でゆっくりと行うというものです。
これがかなりキツくて、特にスローの後半は筋肉が焼けるような感じがします。
トレーニング後のパンプアップも激しいですが、翌日の筋肉痛も激しいです。

メニューは・・・
ウォームアップ エアロバイク
胸       ベンチプレス(スミスマシン or フリーウェイト)
下半身     レッグプレス
背中      ラットプルダウン
上腕二頭筋   ダンベルカール
上腕三頭筋   プッシュダウン
肩       サイドレイズ

筋トレは六種目です。
これぐらいだと、40分ほどで終わります。着替えやシャワーを含めて一時間あれば十分です。
夏に向けて少し体脂肪を減らしたいので、最後に有酸素運動を加えるか、少し糖質を控える必要があります。
10%代になればいいな、と思っています。



[PR]
# by tonpu-2 | 2017-04-26 20:00 | 筋トレ | Comments(0)

おかゆの薬

さて、このブログにもたびたび登場している我が愛猫おかゆですが、軽度のてんかん持ちです。
しばらくは薬で安定していました。

ある日、かかりつけのお医者さんから連絡があり、使っている薬に副作用があるため別の薬に変えたほうが良いとのお話がありました。
早速、薬を変えたのですが、その日からどうもおかゆの様子がおかしい、、、。
食欲が日に々おとろえて一日にカリカリを10粒食べる程度に。
そうしたら久しぶりに発作が出てしまいました。
新しい薬は効き目が遅くて、安定するまでに約三週間かかってしまいます。春の不安定な気候が理由かもしれません。

病院に連れて行き健康診断と血液検査をしてもらいました。
エリザベスカラーを着けられて注射をされると「にゃーーー」と情けない声を上げて、悲しいやら笑えるやらの診察でした。
結果、内臓疾患は無し。薬の血中濃度も安定しているので特に問題はなく、しばらくは様子を見ることになりました。

しかし、食欲減退はさらに進み、大好きだった煮干しを乗せてもササミを茹でても全くの無反応。
いろいろなご飯を買ってきたり、自分で作ってみたのですが全部駄目でなにも食べてくれません。
暗い部屋でジッとしていることが多くなり、本当に心配になりました。

それでも夜遅くに、カリカリを手のひらに乗せて顔の前に近づけると数粒だけ食べてくれました。

どうやら変えた薬が猫にとっては相当不味いらしく食欲不振になることがあるらしいです。
食欲不振程度ならよいのですが、事は深刻だと思い、もういちどお医者さんと相談しました。
以前の薬は副作用があるもののその確率は低いので、元の薬にいったん戻すことになりました。
薬を戻しても食欲が戻らなかったらどうしよう、、、と不安に思っていたら妻から連絡が。
「もりもり食べてウンチもした」、と。

やはり原因は薬だったようで、おかゆはすっかり元気に復活しました。
お医者さんから頂いた(見向きもしなかった)カリカリを美味しそうに食べています。
お風呂場で「おい!水をかけてくれ!!」という要求も復活しました。(おかゆはお風呂場で床にジャーっと流した水しか飲まないのです、、、)
減ってしまった体重もあっという間に戻り、だっこしたときのズシっとした重さが嬉しいです。

この元気な感じも実は薬の効果のひとつだと思うと、なんだかやるせない気持ちになりますが、それでも元気なのがいちばんだと思います。


[PR]
# by tonpu-2 | 2017-04-04 20:00 | 日常 | Comments(0)

Mさんのこと

クレマチスの丘という文化施設が静岡にあり、いつか訪れたいと思っていました。
はじめて知ったのは学芸員の資格を取るために博物館学の授業をとっていたときなので、2010年頃だと思います。
クレマチスの丘には美術館などがいくつかあり、そのひとつにIZU PHOTOという写真ギャラリーがあります。杉本博司氏が設計したということで当時話題になっていました。

しかし少しだけ遠いこともあって、そのうち行こうと思いながら、はや数年たってしまいました。

先日、たまたまIZU PHOTOの画像検索をしたところ、懐かしい顔がありました。
前職でお世話になった方です。Mさんという女性で、私より何歳か年上のはずです。

デビッド・リンチの写真展を開催した頃は巡回先の名古屋会場の担当をされていて、その後東京勤務になり、Mさんと仕事をする機会が幾度とありました。
東京に引っ越しをされるときに不動産屋からの図面を見て、この部屋がよいのでは?と一緒に話した記憶があります。
渋谷に出るなら三軒茶屋がいい、とか。
なぜそんな話しをしたのかはまるで覚えていないのですが、、、年がさほど離れていないことと、もともとの性格でしょう、あまり人を分け隔てしない人だったので気楽に話すことが出来たのだと思います。
仕事の相談もずいぶんしました。

さて、そんな方がIZU PHOTOに居るとわかったので、INFO宛にメールをしました。
近々伺います、と。

すると翌日、別の方から返信があり、昨年の夏に急逝したと書かれていました。

とてもとてもショックで、まだ若いのに、いったいどうしたのかと、、、脱力しました。
仕事が好きな人だったから、きっと毎日忙しくされていたのだと思います。
いまごろ天国で休んでいるのでしょうか。きっと書類の詰まったカバンを3つぐらい抱えて走り回っていると思います。
良い人ほど早く逝ってしまうというのは本当のような気がします。


[PR]
# by tonpu-2 | 2017-03-13 20:00 | 日常 | Comments(0)

猫、カレー、ラーメン、たまに旅。


by tonpu-2