人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

キノコ狩りその2

8:30頃に黒姫駅に到着。
駅前には雰囲気の良さげな喫茶店。
すぐに迎えの方を見つけて挨拶し車で移動。

野尻湖周辺はちょうど紅葉がはじまっていて静かでキレイでした。
ゲストハウスに到着し、チェックイン。そしてキノコ狩り参加のため体調などを記入するアンケートを済ませて着替えです。
後でわかるのですが、道中かなり険しいため、長靴とレインウェアが必須です。レインウェアを着ていないとクッツキ虫の餌食になりますよ。

軍手、キノコを入れるための魚籠をお借りしてレクが始まります。
この日の参加者はたしか17名だったかな。家族連れや会社の同僚との参加、何名かリピーターもいました。
2、3名ごとにチームに分かれてオデンの具材でチーム名を決めます。我々はチームちくわ。
山の中で散り散りになったときの点呼でチーム名を呼ばれます。「ちくわ〜〜」「はーい」という感じです。

一日のルート説明、禁止や注意事項の説明を一通り受けて、二台の車に分乗して出発です。
同じ場所ばかりに行くと肝心のキノコが採れなくなるため、日によって場所が違うようです。
いったんコンビニで降りて各自必要なものを買いトイレを済ませて、そこから20分ぐらいのところでいよいよキノコ狩りの開始です。

「こっちにいきまーす」と言われた先は山の斜面。道などないところでした。
いきなりすごいところに入っていくのだな、と思いました。
整備されたところではなく、基本そういった場所ばかりでウネウネと登ったり降りたりの繰り返しです。
想像以上にきつい、、、。
歩くのが精一杯で足元のキノコを探す余裕がありません。
落ち葉の下、倒木の裏側など見つけにくくて暗くジメっとしたところに生えているので、そこらじゅうがキノコだらけというわけでもないんですよね。
そりゃそうだ。
時間が経つに連れて身体も慣れてきますし、なんとなくキノコが生えていそうな場所もわかってきて、参加者それぞれの魚籠にはキノコが増えていきます。
それでもやっぱり先導のお三方はいち早くキノコを見つけて、群生しているところを教えてくれます。
毒があるのか食べることが出来るのかは素人では全くわからないので、とりあえず採るだけとって仕分けは戻ってからという次第です。

12時頃に尾根で休憩してお弁当の時間です。
山の中で食べるオニギリは最高に美味しくて癒やされました。雨がふることもなくて天気にも恵まれました。
常に有酸素運動をしている状態のため水分は適宜補充して、コンビニで買ったチョコレートも食べました。
まだまだ魚籠には余裕があります。ご飯を食べ終えたら後半のスタートです。
(つづく)

by tonpu-2 | 2019-01-20 00:00 | 旅行 | Comments(0)