かっぱ橋近くの、とあるカフェ

かっぱ橋の釜浅商店から「フライパンがご用意できました」と連絡がありました。
注文したことをすっかり忘れていました。妻には二年前に注文したと適当に言いましたが、それほど前ではなくておそらく一年ほどです。
22cmの鉄製フライパンは上手に使えばおそらく一生使えるであろうということ、ひとつひとつ手作りのため作るのに時間がかかること、ほぼ日で紹介されたということで注文が殺到して入手困難というわけです。
扱いがすこし難しく万能というわけでもないのですが、テフロンだと駄目になってしまうような使い方ができます。
煙が出るほど熱くしても大丈夫なので高温で肉を焼いたり炒めものなどに活躍します。
洋食屋さんのようにオムレツやパスタなど自在に使いこなせるようになればよいのですが。

さて普段なかなか来ない、かっぱ橋に来たので良さげなカフェに行ってみました。
商店街から歩いて数分の静かなところにあります。
看板がなくて入口も定かではなく、おそるおそる戸口に向かうと中から店員さんが現れました。
満席だということ、待つのであれば近所だと迷惑になるのでお店から離れてほしいと告げられました。
先にフライパンを買いに行くので大丈夫と答えると、なにやら困り顔で、新しいお客さんが増えて困っている、お店を閉めようかと思っている、知っている人だけに来てほしいなどと話されて、いま思えば「来なくていい」と婉曲に言っていたのかもしれません。
そうこうしているうちに後ろに2,3お客さんが増えてしまい、お客さんの一人がお店に勝手に入ろうとして溜息混じりに止めていました。

なんとなく店員さんとはうちとけた感じになり、携帯番号と名前をメモに書いて、先に釜浅商店へと向かいました。
お目当てのフライパンはちょうどよいサイズで使い勝手は良さそうです。
同じフライパンの小さいサイズを使っています。油揚げを焼いたりベーコンエッグとかちょっとしたものにしか使うことが出来ません。
ついでに金色アルマイト製の両手鍋を買いました。これからの季節、おでんや豚汁などに重宝しそうです。

そうこうしてるうちに席が空きましたと電話が来たので再びお店へと向かいました。
残念ながら目当てのロールケーキは売り切れ。あまり選択肢はなくてチーズケーキを注文しました。
ケーキも美味しいのですが、周りには新鮮なマスカットがたくさんそえられていて盛りつけがキレイです。
居心地もよいし、これは人気が出るよなぁと思いました。
お会計を済ませると先に説明してくださった店員さんはカウンターの中からこちらを見ていたので会釈して退店しました。
お店はいつまであるのかわかりませんが、願わくばずっと続けてほしいです。会員制のような形になったときに備えて今のうちに通いつめたほうが良さそうです。



[PR]
by tonpu-2 | 2017-09-11 20:00 | 日常 | Comments(0)

猫、カレー、ラーメン、たまに旅。


by tonpu-2