大腸内視鏡

a0191120_054573.jpg


体調が悪く検査。
一日前は消化の良いものしか食べてはダメ。しかし昼に辛味大根蕎麦を食べ、やや不安に。
夜はお粥と豆腐とスープ。九時までに食べないといけない。

検査当日は二時間かけて二リットルの下剤を飲まなくてはいけない。
レモン味と書いてあるが、これが不味い。ポカリみたいな感じかな?と思っていたけど微妙に違う。どちらかというと塩っぱくて金属の様な苦味が後味に残る。

二時半に病院到着。
検査着に着替える。後ろがパックリ空いたズボンに上衣を羽織る。

検査は胃の内視鏡に比べれば全然楽。
しかし時折グッと腸壁を中から押される感覚があり、痛苦しい。
看護婦さんが雑談してくれて気が紛れる。
プシュプシュと空気を入れながらの検査だから当然屁も出る。仕方ない。我慢すると苦しいから出すようにと言われるが、これがなかなか難しい。

検査中はモニターを見ることができる。
意外にキレイ。ホルモンを思い出す。
直腸あたりを何箇所か切除され、20分くらいで終了。

さて、帰るか、、、と思ったが、腹に空気が溜まっていて苦しい。
しばしヨチヨチ歩き。

あれだけ腹がへっていたのに、あまり食欲がなく、うどんを買って帰宅。予定ではハンバーガーを食べるつもりだったのにな。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-07-02 00:54 | 潰瘍性大腸炎

猫、カレー、ラーメン、たまに旅。


by tonpu-2