<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

妻が退院しおかゆも復活

妻がいないあいだは愛猫おかゆも寂しそうでした。
しばらくは夜帰るとミャミャーー!と言いながら玄関まで来ていたのですが、キョロキョロして妻がいないことがわかるとすぐにリビングに戻るようになりました。
普段だったら玄関に出たら大騒ぎ。下駄箱の下の隙間にもぐって出てこなくなったり、ひっくり返って猪木アリ状態になったり。
a0191120_15254550.png


おかゆはそのうち玄関にも出てこなくなりました。

食欲も減ってカリカリを少し残したりして。
大丈夫かな?と思っていたら案の定ヒキツケを起こしてしまい、かねてから相談に行こうとおもっていたモノカ動物病院に電話して予約をし夕方診てもらいました。

病院は高井戸警察の目の前にありタクシーでワンメーターぐらい。
早速おかゆを診てもらうことに。
ところがおかゆがケージから出てこない。
さかさまにしても出てこない。
ケージの隙間から覗いたら手足を突っ張ってケージの中に浮いているような状態に。忍者かお前は。

それはさておき、いまぐらいの発作頻度であれば毎日薬を飲む必要はなく、発作前の前兆があるとき、もしくは発作後の薬を出してもらいました。
ひとまず様子見です。

数日後、妻が無事退院し、おかゆもすっかり元気になりました。
意外にメンタルが弱いのかもしれないです。

そしてあれほど甘えて離れなかったおかゆに脚をガブガブ噛まれて痛いです。
好きなだけ噛みなさい。
痛いけどちょっと嬉しい。あ、噛みながらの猫キックは本当に痛いから止めて、、、。

a0191120_15254827.jpg


元通りの平和な日々に。
[PR]
by tonpu-2 | 2013-06-29 15:15 | 日常 | Comments(0)

妻が入院

「病院に行ってくる」と、普段自分からは絶対に口にしない言葉を聞いた。
内心「あーこれは良くないことだな、、、」と思いながらも平静をよそおって症状を聞くと、やはりマズイ感じがした。
こういうときの勘は当たる。嫌だけど。
近所の総合病院(ヤブっぽい)に行くと言うので止めさせて僕が通っている病院に行くように話した。
治療が遅くなるとロクなことはない。

昼過ぎに連絡があり案の定一週間の入院が決まった。

こうなったら仕方ない。
しばらくは一人暮らし、いやおかゆとの一人と一匹暮らしだ。
とはいっても自炊もできるので特に不自由はない。

翌日の夕方、病院に行くと大部屋の角ベッドに妻はいた。
六人部屋を二人で使っているので広々としているし静かで良い。
何よりも病院自体が清潔で機能的で良い感じ。僕が前に入院していた病院とは大違いだよ、、、。
主治医の先生や看護師さんも良い方らしく妻も安心した様子だ。
食事もグラタンや豚しゃぶなどずいぶん美味しそうだ。実際に美味しいらしい。

差し入れの漫画と指定のアイスクリームを渡した。

顔半分が麻痺してしまっているので、たまにアイスが口元からポトリと落ちてしまい可哀そうだった。
すぐに治るのは難しいけど時間がたてば回復するらしい。

病室と同じフロアに新生児室があって初めて見に行った。
テレビや雑誌でたまに見かけるアレだ。
まだ生まれたばかりの赤ちゃんが窓際に並んでいてそれはそれは可愛らしかった。
新宿区の病院なので母親の名前が中国やタイなど様々で面白かった。
[PR]
by tonpu-2 | 2013-06-22 12:36 | 日常 | Comments(0)

NY4日目

最終日は雨。
旅で雨が降ることは滅多にないのにな。
外での朝ご飯はあきらめて1FのThe Breslin Bar & Dining Room で。
a0191120_18111764.jpg

カウンターで数分待ちテーブルへ。
メニューはいろいろあるけれどイングリッシュブレックファーストとオレンジジュースを。
店内が暗くて朝なのに夜みたい。
a0191120_18124798.jpg

フラッシュ使用。
a0191120_1813726.jpg

ベーコンが厚切りで塩辛くて美味しい。マッシュルームとトマトのソテーもハーブの香りが効いてる。
そして何よりもハギスがイギリスで食べたものより数段美味しくて持ち帰りたい気分に。
あのハギスがこんなに美味しいとは、、、イギリスよ悔い改めてくれよ。

そしてチェックアウトして荷物を預けて街に。
雨は降ったり止んだりで傘をどうしようかと迷ううちに本降りに。

バーニーズはセール中。
妻はキャーキャー言いながら物色。
せっかくなのでコールハーンで靴を買う。こちらもセールのため大変買いやすい値段に。
a0191120_1833526.jpg

今思えばもっと買っておけばよかったかもな。
jcrewは意外に高いしメンズはセールをやっていなかったので冷やかしただけ。

そうこうしているとお昼に。
お昼。ついにこの時がやってきた。そうステーキの時間。
今回はもう食べることが出来ないかもしれないと諦めかけていたけれどやっぱり食べようと。
今回の旅を締めくくるにふさわしい一品ではないか。

Wolfgang's Steakhouseにやってきた。
予約はしていないけど昼時を微妙に過ぎていたせいかすぐにテーブルへ。
ランチメニューもあったけれど迷わずSTEAK for 2を。
サラダとマッシュポテトを合わせて。マッシュポテトは一皿の量がわからなかったけれど店員にたずねたら「まぁこんなもんだ」とゼスチャーで教えてもらったので安心。
隣のテーブルのフレンチフライはとてつもない量。あれは無理だろ、、、。
そしてどのテーブルにも袋で包まれたテイクアウトっぽいものが。
きっと食べきれなかったんじゃないか、ステーキサンドがあるんじゃいないか等、憶測の域を脱しない。

そうこうしてると、まずはじめにパンが到着。
ハーブが練り込まれて岩塩がパラパラとかかったパンが美味しい。
(ここで食べ過ぎると後が辛いですぜ、旦那!)
ということで我慢。
周りのテーブルは年配の方が多く子供はいない。落ち着いた感じ。

やってきましたステーキ様!待ってました!上がるテンション!高なるリズム!!ヤーーー!!!
この時のために酒も飲まず体調をキープしてまいりました。
あなたのために!

プレートごとオーブンに入れてるのか脂がジュージューいってる。
これはスゴイ量だぞ!
喜ぶ二人にウェイターさんも気を良くしてなぜか記念撮影。
皿を傾けて脂を片側に集めて、そしてウェイターさんが取り分けてくれる。
a0191120_18264288.jpg

いやーんミディアムレア!素敵!
a0191120_1828085.jpg

一口目。
肉の旨味がジュワー。固いかと思いきやこれが柔らかい。霜降り肉とは違い弾力のある柔らかさ。
ムッチャムッチャ、、、これはうまいねぇ、、、としばし無口に。
食べきれるかどうか心配だったけど骨だけに。
a0191120_18304247.jpg

これは理想的なステーキだった。ニューヨーク恐るべし。東京にあったら月イチで行きたい。高いけど、、、。

ホテルに戻り荷物をピックアップしてタクシーへ。
思い残すことは何もない。JFKへ。

タクシーの運転手はインド人。いきなりご飯を食べ始めて車内はカレー臭に包まれる。自由だなインド人。
夕方の道路はかなり混んでいて「迂回して早く行くから60ドルにしてくれ」と言うので「いいよ」と。
ちなみに定額は52ドル。

ほどなくして空港到着。
アメリカン航空のチェックインカウンターは人件費削減のためにセルフチェックインを行っていてわかりにくい。
座席は昨夜に五人掛けの真ん中から二人掛けに移動できたのでよかったけれど(これ重要)。

荷物を預けて、お土産を買うかーと思ったらロクな店がない。
これでいいのかJFKよ。
モンブランで自分へのご褒美(←またか)に万年筆でも買おうかと物色したら店員のお姉さんが「それはトップにダイヤモンドが入っているので1000ドルですねぇ」と。
ダイヤいらない。

飛行機は豪雨のため一時間ほど離陸が遅れる。
機内食は美味しくないので食べない。妻はずっと眠っている。うらやましい。
たまにゲームをやったり。
a0191120_18553021.jpg

つまらない映画を日本ほど観てダラダラしていたら羽田。
二人掛け席だから良かったけど、これが五人掛けの真ん中だったらきっと発狂していた。あぶない。

22:50着だったのでそのままタクシーに乗り込みあっという間に帰宅。
おかゆとご対面!
にゃーにゃーにゃーにゃーともの凄い
抗議&甘え声。
はい、すいませんでした。
a0191120_18444068.jpg


お腹がすいたのでコンビニで買ったどん兵衛天ぷら蕎麦を。あぁ美味しい。
a0191120_18471375.jpg

時差ボケでわけがわからないけれど明日に備えて今日は寝る。
[PR]
by tonpu-2 | 2013-06-16 18:56 | 旅行 | Comments(0)

NY3日目

熟睡できて気持ちのよい朝。
今日は遠出する。

グランドセントラル駅を目指す。
ノースメトロのチケットを買い目指すはDia Beacon。
まずは腹ごしらえということでフードコートをうろうろして良さげなお店でベーグルを。
a0191120_2331662.jpg

卵を焼いて好きな具を入れてベーグルに挟んでサンドイッチの出来上がり。
これが美味しい。サイズは大きいので二人で分けてちょうどいい。
ステーキサンドのお店もあったけれど、こちらはまだ準備中とのこと。

チケットに書かれている乗り場へ移動し無事に乗車。約一時間二十分の旅。
車窓からはニューヨーク市内とは違いのどかな風景が。
ほどなくBeacon駅に到着。案内表示に沿って歩くこと約10分。
a0191120_2321993.jpg

念願のDiaにやってきました。
今回の旅はここに来るのが目的といってもよいくらい期待値は高い。
a0191120_2325651.jpg

a0191120_2323520.jpg

残念ながら館内は撮影禁止なので写真なし。
巨大なスペースに実に贅沢な作品が置かれている。マイケル・ハイザーの床に開けられた穴、ヨゼフ・ボイスのフェルトとパフォーマンスの写真、リチャード・セラの巨大な鉄の彫刻は圧巻。
ジャッドもブルジョワもとにかく素晴らしい!
こういう美術館が東京にあったら、、と思ったけど東京じゃあ人が来ないわな、とも思う。

そしてニューヨーク市内に戻る。
グランドセントラル駅で食べたかったクラムチャウダーをテイクアウト。
店内ではなくてテイクアウト専用の小さな窓口があって注文。
濃厚で美味しい。もう一杯食べたいけれど我慢。
a0191120_2375612.jpg


タイムズスクエアに移動。
これぞニューヨークっていう風景に胸は高なる。
a0191120_23143018.jpg

a0191120_23145140.jpg

観光客多すぎ。
我々の目当てはハンバーガー。シェイクシャックというお店が美味しいらしいので向かう。
人気店なので人でごった返している。注文する客に比べて席数が意外に少ないので席取り合戦。
なんとか座ると注文時に渡された携帯呼び出し機がブーンと鳴り取りにいく。
僕はせっかくなので(?)Shockバーガーのダブルを。
a0191120_23123050.jpg

フレンチフライとダイエットコーク。
パテが粗挽きでジューシーでたしかに美味しい。チーズもいい感じにとろけている。
ジャンクな味がなんともたまらない。

少し雨が降り始めて来た。明日は雨らしい。
ホテルに戻り休憩。

夜はイタリアンを予約していたけど別な物が食べたくてキャンセル。
ホテル近くのコリアンタウンにあるDon's Bogam。
海鮮チヂミ、プルコギ、石焼ビビンパ。
a0191120_23175197.jpg

キムチがたくさん出てきて嬉しい。
a0191120_2318620.jpg

懐かしい味にほっとする。
が、さすがに胃袋がきつくなってきて残してしまう。ごめんなさい。

もう疲れてヘロヘロになっている妻を無理矢理エンパイアに連れて行く。
ここの夜景は別ものなのよ、、、。
次にまた来れるかどうからないので奮発して102階までのチケットを買う。
a0191120_23193237.jpg

雨がひどくなっていて酷い雨風。びゅーびゅー風が吹くなかを「ひぇーーー」「さむーーーーい」とか言いながら夜景を眺める。ロマンチック度は残念ながらゼロだ、、、。
a0191120_2321491.jpg

普段、僕たちは夜遊びというものをほとんどしないので、こういうのも楽しいなと思う。

お土産やでスノードームなど物色しホテルへ戻り爆睡。
[PR]
by tonpu-2 | 2013-06-10 23:26 | 旅行 | Comments(0)

NY2日目

案の定、夜中の変な時間に目が覚める。
外に出るのも面倒なので部屋にあったビールとポテチを。
ブルックリンビールは香りがよくてとても美味しい。

朝ご飯。
クリントン・ストリート・ベーキング・カンパニーのエッグベネディクト。
a0191120_20444730.jpg

卵が半熟でトロ〜っとしてソースと混ざってこれが美味しい。
量が多いけれどペロっと平らげる。オレンジジュースもとっても美味しくてグビグビ飲む。

そして近所のカッツデリにハシゴ。
NYに来るたびに行きたいと思っていたけど行けなかったお店。
a0191120_20465415.jpg

中はハムがぎっしり。ヤフーー!
a0191120_21272762.jpg

量が多い事は知っていたので「ハーフサイズはできないか?」と聞いてみたけど「サラダかポテトか他に何か頼め」ということでフルサイズにした。
パンにはマスタード。
朝ご飯を食べた後だけに、このボリュームはいかがなものかと思ったけどこれまたペロっと平らげる。
ピクルスが浅漬風で助けられる。

アップタウンに移動。
a0191120_20545761.jpg

メトロポリタン美術館。企画展The Punk: Chaos to Couture」展。
バウワウワウの音楽が流れていて巨大なモニターには粗い映像が。
ざわざわした感じの展示でなかなか面白い。
a0191120_2055830.jpg

撮影しちゃダメだと監視員に言われた。皆撮ってたけど。

ゴッホやピカソに辟易してすぐに移動。

日射しが強いのでセントラルパークで休憩。
a0191120_21186.jpg


MoMA。
改装してから初めて来た。ずいぶん様変わりした。
オルデンバーグの個展。
a0191120_2135092.jpg

a0191120_23272344.jpg

五階のカフェで休憩。
レモネードで疲れを取る。

タクシーでNOHOへ移動。
Il Buco Alimentari e Viniera。
今回の旅でもっとも楽しみにしていたお店の一つ。
a0191120_2155416.jpg

四種類のハム盛り合わせ。生ハムは柔らかくて口の中でふっと溶ける感じ。
a0191120_2153753.jpg

アーティチョークのフリット。サクッとして中はホクホク。ほろ苦くて美味。
a0191120_2161080.jpg

カラスミのパスタ。塩辛い。と思うとカラスミの旨味が広がり後を引く。酒が無いとちょっとキツいかな。
a0191120_2162677.jpg

焼いたニョッキとキノコ。
ニョッキというと茹でたものしか食べた事がなかった。キノコの香りも良くて素敵な一皿。
a0191120_2164259.jpg

パンナコッタには10年もののバルサミコが。
全体的に素材の組み合わせに意外性があって独特の感じになっている。
他のメニューも試してみたいが次回にとっておこう。

タクシーでチェルシーに移動。
sleep no more。
暗い通路を抜けるとブルーベルベッドに出てくるようなライブハウスへ。
ここから先はマスクを着けて喋ってはいけないというルール。
ホテル全体がインスタレーションになっていてうろうろしてるとパフォーマーがいて何かが起こるという内容。

タクシーがつかまらず歩いてホテルへ。
就寝。
[PR]
by tonpu-2 | 2013-06-09 21:27 | 旅行 | Comments(0)

NY1日目

3:00に起床。
4:00に家を出る。
おかゆとしばしお別れ。
五日市街道はタクシーがぜんぜん来ないので青梅街道まで出る。
タクシーで羽田まで。
ネットでチェックインを済ませていたので荷物を預けて両替を済ませてコーヒーを。
アメリカン航空6:55発。朝イチの便なので空いている。五人掛けの席を二人で使える。
a0191120_1414134.jpg

機内食はこんな感じ。美味しくない。カップヌードルでいいのに。

約13時間でJFK着。
タクシーでもよかったんだけどなんとなくバスで移動。約一時間。かなりガタゴトと揺れる。
グランドセントラル駅に着。ここから地下鉄で移動。一週間のパスを買う。31ドル。

28丁目駅着。方角がわからずグルグル迷いながらホテル着。
a0191120_14342576.jpg

オシャレなACE HOTEL。
受付のお姉さんも親切な感じ。まだ部屋に入れない時間なので荷物を預けてやたらと美味しいコーヒーで一服。
こっちに来ればそれなりに頭が英語モードになる。適当な英語だけどなんとか通じるものだ。

チェルシーマーケット。
a0191120_14231386.jpg

完全なる観光地お化していたチェルシー。あの殺伐とした感じが好きだったんだけどなぁ、、などとロブスターサンドを食べながら。
a0191120_1423516.jpg

16ドルは高いなぁ、、、ムシャムシャ、、、美味い!

ガゴシアン、303、メトロピクチャーズ、マリアングッドマン、ルーリングオーガスティンなどコマーシャルギャラリーを見てまわる。
アンドレア・ローズンのティルマンズの新作が良かった。彼の作品はインスタレーションになっているので写真集ではその良さは伝わらない。
モナ・ハトゥームの試験管のオブジェ、フィリップ・ターフのペインティングも良かったな。
いずれにせよ、チェルシーのギャラリーは評価が決まった作家ばかりで、ここから新しいものが生まれる場所でないのは明白。
ギャラリーの面積も広いので大作じゃないとペイできないだろうし。

ソーホーへ移動。
移動の疲れと機内食の不味さのため、美味しいものを食べたくてバルサザールへ。
混んでいたけど数分で入れる。
a0191120_14294317.jpg

a0191120_1430887.jpg

a0191120_14295658.jpg

オニオングラタンスープが濃厚で痺れる。
自家製パスタは海老の旨味が出ていてあっさりしているけどコクがあって美味しい。

ホテルへ戻りシャワーを浴びたら身体が動かず初日終了。
a0191120_14403214.jpg

a0191120_1440568.jpg

[PR]
by tonpu-2 | 2013-06-09 14:43 | 旅行 | Comments(0)

猫、カレー、ラーメン、たまに旅。


by tonpu-2