<   2011年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

入院4日目

夜中の地震で目覚める。
いま居る部屋は4階だから、けっこう揺れた。

入院中にデカイ地震が来たらどうなるんだろう。
治療は継続できるんだろうか?
アレルギーとかで、炊き出しのご飯食べられない人はどうすりゃいいんだろう。

絶食も4日目。
今日も検査は無し。ただひたすらずっと点滴。
ポタポタ落ちる雫を眺める。

午後、妻が来る。
漫画を読みながら雑談。
世の中から完全に隔離されたが、そんな時も必要なんだろう。

同室の人たちにもそれぞれ家族が見舞いに来ていて話し声を聞くのが面白い。
日常の些細なことを話したり、そんなことがとても幸せな感じがする。

夜、追加の点滴。プレドニンが40mgから30mgに減った。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-07-31 22:30 | 潰瘍性大腸炎

入院3日目

夜中、同室のお爺さんの寝言で目が覚める。

朝、採血。
その後、点滴。針が上手く刺さらず三回目でやっと。新人、勘弁してほしい。

血液検査の結果が良好。
炎症反応が好転した。
貧血は続いている。
三日の予定だった絶食はまだ続く。
点滴のおかげで空腹感はないけど、なにか口に入れたい。

午後に妻。
漫画と日用品を持ってきてくれる。

夜に尾仲さん、ユーコさん面会。
面白い漫画をたくさん借りる。しばらく漫画に困らない生活は嬉しい。

夜中、悪夢で目覚める。
港に居るのだが風がやたらに強い。対岸からコンビナートがゴロゴロ転がってきて当たりそうになる。
爆発したら死ぬと思い必死で逃げる。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-07-31 02:16 | 潰瘍性大腸炎

入院2日目

腰が痛くて五時ごろに目が覚める。
ベッドが硬いせいか、腸炎のせいか。
点滴の針を入れたまま眠るのも、なんだか落ち着かない。

シャワー室に向かい洗顔して歯を磨く。

今日はシャワーの日。男性は月水金と決まっている。
午後の遅い時間に希望を出す。

体温36.8度。

新館一階にある売店へ行き、スパ、お茶、マスク、シャンプーを買う。
途中、点滴に血が逆流し焦ったが事なきを得る。

今日は検査もなく点滴以外は特にやることがないので、持ってきたDSでドラクエ。
主治医が見つけて、しばしドラクエ談議。

昨日に比べれば痛みはかなり減った。
問題はステロイドを投薬し続けるわけにはいかず、量を減らした時に再燃しないかだ。
祈るしかない。

午後、妻が来る。
ピッキーヌでタイカレーを食べてきた模様。
と思ったらすぐに会社の人が面会に現れ病状の説明。

妻が帰った後にシャワー。
看護師さんが点滴のところをビニールで巻いて水が入らないようにしてくれた。
が、ほとんど右腕は使えないから左のみで頭を洗ったりはなかなか難しい。
二日ぶりだから気持ちいい。
新しい服に着替えてゆっくりする。

母には知らせていなかったが、いずれ話さなくてはいけないので電話する。
事細かに話すと心配するのはわかってるので、下痢が続いて腸が荒れたとちょっと適当に伝えといた。
妻からはアメリカ人なみに雑な説明だと笑われる。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-07-29 19:07 | 潰瘍性大腸炎

入院初日

鞄に詰めたものが旅の仕度でないのが残念。
タクシーで病院に。
入院の受付を済ませ、レントゲンと心電図をとる。
その後、部屋に。
廊下の一番先の奥の窓際が僕のベッド。光も入るので四人部屋だけど悪くない。

主治医が来て今後の治療方針を聞き、妻も安心した様子。

点滴、採血。

大腸内視鏡検査。
これが異様に痛かった。なぜ痛いかというと、炎症がかなり広がっていて至るところ出血していた。傷口をこすりながら内視鏡が進むので痛いわけだ。
主治医もここまで悪いとは思っていなかったとのこと。
次は麻酔を打ってくれ。頼む。

ベッドに戻りぐったり。
しかし二、三週間でこうまで悪化するとは恐ろしい。
ストレスが原因の一つとも言われてるが、いろいろ考えなきゃいけないな。

プレドニン開始。
炎症はこれで良くなるんだろうけど。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-07-28 15:41 | 潰瘍性大腸炎

経過12

朝から病院へ。
血液検査の結果が異様に悪い。
炎症反応(CRP)という項目、通常は0〜0.3が正常だが13を越えてしまっていた。
6を越えると危険な状態で要入院らしい。
症状は数日前に比べれば少し落ち着いてはいるものの恐ろしくなる。
しかしいま入院したら大事な仕事もできなくなるし、夏休みの台湾旅行もパーだ。
主治医からは
1)即入院
2)外来でステロイドを処方して様子見
との選択を告げられた。また、3)として病院を変えるかセカンドオピニオンを行っても良い、とも。
ここで決めなければいけない。
2)が良いのだが、どうも良くなる予感が全くしない。仕方ない。1)でいきます。と返事をすると「うん、そうだね、それがいいよ、ちょちょっと薬を飲んで治るようならこの病気で誰も苦労しないから」と言われた。
それで期間はどれぐらいになりますか?とたずねると「内視鏡しないと詳しくは言えないけど1ヶ月コースかな」。はぁ〜1ヶ月ですか??!!こりゃあ大事だぞ。
「まずは絶食して腸を休めること。休養をとること。ストレスも原因の一つだからストレスの理由を考える事」とキッパリ言われた。

あー、、、入院かぁ
帰宅して妻に伝えると驚いた様子だが、仕方ないとも。
迷惑かけてスイマセン。
もうなんかグッタリだよ。。。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-07-27 21:37 | Comments(0)

経過11

昨日は大事なイベントの日のため出社。
あまりにも痩せたので心配される。

休み休みではあるけれど、やはり疲れた。
でも来てよかった。

仕事をしていた緊張感からかトイレはゼロ。
昼は幕の内弁当の食べられるものだけつまむ。

帰宅し、最近の定番ウーメンのかき玉。
妻は唐揚げ弁当ご飯大盛り。付け合わせに塩焼きそば。ビールも飲んでる。
いいなぁー。いいなぁー。心底うらやましい。

夜は二回ほどトイレ。
微熱がぶり返す。37.5度。疲れたせいだろう。
アイスノンと冷えピタでしのぐ。

今日も出社するつもりだったけど無理しても仕方ないから休むことに。
ベッドのシーツを洗濯して、少しでも気持ちよく過ごしたい。

明日は朝から検査と診察。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-07-26 13:58 | 潰瘍性大腸炎

経過10

一日安静に。
朝はバナナ一本。
昼はきちんと食べようと思い、ご飯、焼き鮭、大根の味噌汁、玉子焼き。
夜はきしめん玉子とじ。

トイレの回数は少し減ったけど、水下痢は変わらず。

長い時間をかけて悪くなったのだから、すぐに良くなるはずがない。
気長にいくことにした。

このままだとステロイドか入院か。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-07-24 23:10 | 潰瘍性大腸炎

経過9

昨夜は煮込みうどんを作り半玉ほど食べる。

夜中、二度トイレに。

朝、三度トイレに。

バナナ一本。

下痢はまったく良くならず。
排便時に腹痛あり。

博物館実習は休むことに。診断書を提出して別日に振り替えれば大丈夫とのこと。一安心だが、次回10/2に行ける保証もない。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-07-24 10:49 | 潰瘍性大腸炎

経過8

熱、関節痛は治まったが下痢は相変わらず。

診察の結果、可能性は3つ。
1 食あたり
2 アメーバ赤痢
3 潰瘍性大腸炎の悪化

ひとまずロキソニンとガスターを追加処方され、水曜日まで様子見。
治らなければ1の可能性は消える。
2は検便の結果待ち。
1でも2でもなければ3。再度、大腸内視鏡で検査して入院となる。

大腸がんばれ。頼むよー。

明日の博物館実習は無理だから診断書を書いてもらう。

阿佐ヶ谷の自然食屋で弁当を買い、食べられそうなものだけつまむ。魚旨い。
喉がかわき麦茶を飲む。

ひとまずちゃんと飯食って、ウンコ固まればいいなと思う。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-07-23 13:06 | 潰瘍性大腸炎

経過7

夜中、何度もトイレに行く。

仰向けに寝ると胃と腸が痛い。
体をひねると今度は関節が痛い。
特に首から肩にかけてが痛くて岩の上で横になっているかのよう。

ベッドの上で体制を変えてると腸がグルグル痛み出してトイレというループ。

37.2度。

土曜日に診察の予約を入れたが、金曜日を乗り切る自信がなく、朝イチで病院に。

血液検査、エコー検査、検便。
エコーは異常なし。
血液は炎症反応が上昇。

ロキソニンとガスターを処方され、帰宅。
薬を飲むと痛みが割れ和らぎ、少し眠る。

下痢は相変わらず水状態。
すげー痩せた。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-07-22 19:04 | 潰瘍性大腸炎

猫、カレー、ラーメン、たまに旅。


by tonpu-2