カテゴリ:日常( 57 )

おかゆの薬

さて、このブログにもたびたび登場している我が愛猫おかゆですが、軽度のてんかん持ちです。
しばらくは薬で安定していました。

ある日、かかりつけのお医者さんから連絡があり、使っている薬に副作用があるため別の薬に変えたほうが良いとのお話がありました。
早速、薬を変えたのですが、その日からどうもおかゆの様子がおかしい、、、。
食欲が日に々おとろえて一日にカリカリを10粒食べる程度に。
そうしたら久しぶりに発作が出てしまいました。
新しい薬は効き目が遅くて、安定するまでに約三週間かかってしまいます。春の不安定な気候が理由かもしれません。

病院に連れて行き健康診断と血液検査をしてもらいました。
エリザベスカラーを着けられて注射をされると「にゃーーー」と情けない声を上げて、悲しいやら笑えるやらの診察でした。
結果、内臓疾患は無し。薬の血中濃度も安定しているので特に問題はなく、しばらくは様子を見ることになりました。

しかし、食欲減退はさらに進み、大好きだった煮干しを乗せてもササミを茹でても全くの無反応。
いろいろなご飯を買ってきたり、自分で作ってみたのですが全部駄目でなにも食べてくれません。
暗い部屋でジッとしていることが多くなり、本当に心配になりました。

それでも夜遅くに、カリカリを手のひらに乗せて顔の前に近づけると数粒だけ食べてくれました。

どうやら変えた薬が猫にとっては相当不味いらしく食欲不振になることがあるらしいです。
食欲不振程度ならよいのですが、事は深刻だと思い、もういちどお医者さんと相談しました。
以前の薬は副作用があるもののその確率は低いので、元の薬にいったん戻すことになりました。
薬を戻しても食欲が戻らなかったらどうしよう、、、と不安に思っていたら妻から連絡が。
「もりもり食べてウンチもした」、と。

やはり原因は薬だったようで、おかゆはすっかり元気に復活しました。
お医者さんから頂いた(見向きもしなかった)カリカリを美味しそうに食べています。
お風呂場で「おい!水をかけてくれ!!」という要求も復活しました。(おかゆはお風呂場で床にジャーっと流した水しか飲まないのです、、、)
減ってしまった体重もあっという間に戻り、だっこしたときのズシっとした重さが嬉しいです。

この元気な感じも実は薬の効果のひとつだと思うと、なんだかやるせない気持ちになりますが、それでも元気なのがいちばんだと思います。


[PR]
by tonpu-2 | 2017-04-04 20:00 | 日常 | Comments(0)

Mさんのこと

クレマチスの丘という文化施設が静岡にあり、いつか訪れたいと思っていました。
はじめて知ったのは学芸員の資格を取るために博物館学の授業をとっていたときなので、2010年頃だと思います。
クレマチスの丘には美術館などがいくつかあり、そのひとつにIZU PHOTOという写真ギャラリーがあります。杉本博司氏が設計したということで当時話題になっていました。

しかし少しだけ遠いこともあって、そのうち行こうと思いながら、はや数年たってしまいました。

先日、たまたまIZU PHOTOの画像検索をしたところ、懐かしい顔がありました。
前職でお世話になった方です。Mさんという女性で、私より何歳か年上のはずです。

デビッド・リンチの写真展を開催した頃は巡回先の名古屋会場の担当をされていて、その後東京勤務になり、Mさんと仕事をする機会が幾度とありました。
東京に引っ越しをされるときに不動産屋からの図面を見て、この部屋がよいのでは?と一緒に話した記憶があります。
渋谷に出るなら三軒茶屋がいい、とか。
なぜそんな話しをしたのかはまるで覚えていないのですが、、、年がさほど離れていないことと、もともとの性格でしょう、あまり人を分け隔てしない人だったので気楽に話すことが出来たのだと思います。
仕事の相談もずいぶんしました。

さて、そんな方がIZU PHOTOに居るとわかったので、INFO宛にメールをしました。
近々伺います、と。

すると翌日、別の方から返信があり、昨年の夏に急逝したと書かれていました。

とてもとてもショックで、まだ若いのに、いったいどうしたのかと、、、脱力しました。
仕事が好きな人だったから、きっと毎日忙しくされていたのだと思います。
いまごろ天国で休んでいるのでしょうか。きっと書類の詰まったカバンを3つぐらい抱えて走り回っていると思います。
良い人ほど早く逝ってしまうというのは本当のような気がします。


[PR]
by tonpu-2 | 2017-03-13 20:00 | 日常 | Comments(0)

筋トレはじめました。

きっかけは最寄り駅にスポーツジムが入っていることでした。
仕事帰りにプールで泳げば気分転換とダイエットにもなるかな?と。

さっそくネットで調べてみると、はじめの二ヶ月間は安い料金のキャンペーンを行っていて、とりあえず試してみようと思い入会してみました。
初回はオリエンテーションがあり、インストラクターのお兄さんが身体測定やマシーンの使い方を説明してくれて、要望に応じてメニューを組んでくれます。
ダイエットのために水泳中心にと思ったのですが・・・身体測定であまりにも酷い身体能力のために「筋トレやりましょう!」ということになりました。
スポーツジムで筋トレというと、マッチョな人がストイックに汗を流す光景が目に浮かび、まったく縁遠い世界だと思っていたにもかかわらず実際にやることになるとは人生ままならないと思いました。

いざマシーンの体験に移ると基本フォームと身体の動かし方を教えてくれます。
いちばん軽い重さでも何度か繰り返すとプルプルしてきます。
インストラクターはそんなプルプルしてる様子を見ながらウェイトを設定してくれるのです(ほとんどが一番軽いものでした)。

とにかく運動不足の鈍った身体を少しでも引き締めて、健康にしていきたいと思います。
まずは年末まで三ヶ月続けることを目標にします。




[PR]
by tonpu-2 | 2016-10-01 20:00 | 日常 | Comments(0)

ポケモンGO

スマホのゲームはいくつかダウンロードするものの直ぐに飽きてしまうことがほとんどでしたが、これは続いています。
妻と一緒にモンスターを探して知らない場所にでかけることが多くなり、お台場にはラプラスを求めて三度行きました。
レアモンスターを目がけて大勢で一気に移動するのは、なんとも楽しいものです。

しかし雨の中をずぶ濡れで走ったり、自転車で爆走したりと妻には呆れられています。
そんなことをしても寸前のところでモンスターは消えてしまい、毎回結果が伴っていないのが残念です。
あきらめて休憩してカフェにいた時にカビゴンが現れて驚きました。歩きまわらずにここに居ればよかったのでは? と灯台下暗しな感じでした。

そんなことでポケモンGOで一喜一憂する今日このごろです。

マナーの悪い人を批判したり、あまりゲームとかやらないと斜に構えても面白くないと思います。
なにはともあれ、まずはやってみたら良いと思います。

「やる人生と、やらない人生だったら、俺はやる人生を選ぶ」
テレクラキャノンボールでの台詞ですが、我が家の家訓です。
[PR]
by tonpu-2 | 2016-09-27 20:00 | 日常 | Comments(0)

結婚式

昨日、会社関係の方の結婚式に参加しました。
会場のパークハイアットのレストランは華やかながらも落ち着いた雰囲気で、式も19:00スタートだったせいか照明も暗くてシックでした。

前日にスピーチを頼まれて困惑しました。
当日の朝、ネットを検索して当り障りのない文章をプリントアウトして持参しました。
それを読み上げるつもりでしたが、いざ式が始まると、それほど人数も多くはない会場の雰囲気と、他のスピーチの内容が皆さん自分の言葉で話されていたことをふまえて、元々考えていた文章は止めてその場の思いつきで話すことにしました。
何を話したのかよく覚えていませんが、まぁ問題なかったはずです。

普段、毒舌なので人をけなしたり文句などはスラスラと出てくるのですが、褒めたり讃える言葉はとても難しいです。

自分では何気なく当たり前のように思って話していることも、他人からしてみれば悪口だと感じたり、嫌な思いをさせてしまっているかと思うと気が滅入ります。
そんなつもりではないとは思っていても、妻からよく指摘をされます。
いちばん被害を被っているのは妻だと思いますので、この場を借りて謝罪します。

では、黙っていればよいのかと言えばそんなことはなくて、僕は黙って何も話さない人のことが嫌いです。
かつて自分もそうでした。
何を話して良いのかわからないし、質問されても同意して良いのか、反論すべきか、他の話題を提供するのかと一生懸命考えているうちに返事をする機会を逃してしまって、結果的に黙っているというような状態でした。
だから何も話さない人の気持もわかります。
でも、話さないと何も思いは伝わりません。
きっとわかってくれるとか、察してもらえるというのは幻想で、甘えだと思います。

また毒舌になってきたのでこのへんで止めておきます。
[PR]
by tonpu-2 | 2016-09-23 20:00 | 日常 | Comments(0)

オリンピック

普段はスポーツに関心はないのですが、やはりこの時期は嫌でも目にするオリンピック。
特に今回のオリンピックでは、勝っても負けてもアスリートたちのコメントに清々しさを感じます。
戦った相手に対しての敬意や仲間に対しての感謝といった言葉を、なかなか言うことが出来ない自分の未熟さを思い知ります。悪口や文句は簡単に言えますが、、、。

レスリングの吉田選手は残念ながら決勝で負けてしまいました。亡くなった父親のことやこれまでの努力を考えるとその悲しみは、凡人の僕には想像がつかないほど深いのだと思います。
全力で戦うとは、つまり自分だけのことではないのでしょう。

一方、僕が背負っているものは猫のカリカリと住宅ローン程度なので、ずいぶん楽だなと思います。
[PR]
by tonpu-2 | 2016-08-19 20:00 | 日常 | Comments(0)

戦争

先日「野火」を見ました。
勝ち負けの話しではなくて、いかに生き延びるかというのが現地でのリアルな戦争だったのでしょうか。
「生きているだけで儲けもの」とは明石家さんまの名言ですが、僕もそう思います。
普段なにげなく生活していると、あれやこれやと欲が出たり、将来のことを考えて不安になったりと忙しいですが、実のところは生きているだけでいいんだと思います。
普通の状態がいかに幸せなことかは、普通を失ってから気づくことです。

亡くなった母方の祖父は東南アジアに出兵しました。
まさに野火状態で相当きつかったのだと思います。
敵兵に挟まれて撃たれたときにサッと身を翻したら弾が外れて敵が相打ちになったというのは祖父の武勇伝です。
本当かどうかはわかりませんが、帰国できた割合を考えると運がよかったのでしょう。
[PR]
by tonpu-2 | 2016-08-16 20:00 | 日常 | Comments(0)

シンゴジラ

久しぶりに映画を見て感動した。
ちなみに前回は「地獄でなぜ悪い」。
主人公が同じだ・・・。
[PR]
by tonpu-2 | 2016-08-01 20:00 | 日常 | Comments(0)

甘酒

「飲む点滴」というキャッチコピーにやられて、甘酒を作りました。
以下、我が家のレシピを備忘録として残します。

お米一合を炊飯器でお粥に。
炊きあがる間にヨーグルティアの容器を殺菌。水を少し張ってスプーンと一緒に電子レンジへ。500wで一分半。
お粥が出来上がったらヨーグルティアの容器に移す。
60℃以下になるまで冷やす。
外側だけ冷えないように混ぜて全体の温度が下がるように。
みやここうじ200g(二枚分)を、よくほぐしてお粥に混ぜる。
55℃で10時間。
出来上がったら冷まして冷蔵庫へ。

発酵を抑えるために火入れする方法もあるけれど、早めに飲んでしまえば不要かな、と。
これで五日間ぐらいは大丈夫とのこと。
豆乳で割って飲むと最高に美味しい。
甘酒屋を開業したら儲かるかな。とか、不遜なことをすぐに考えてしまう。
[PR]
by tonpu-2 | 2016-06-30 20:00 | 日常 | Comments(0)

出て行け

理由はさっぱり覚えていませんが、幼少の頃「お前なんか出て行け!」と母に言われることが度々あり、「あーそうですか」という気持ちで家を出て行ったことがあります。

さて、出て行くのはよいけれど、どこに行こうか? というのが問題でした。
車で30分ほどの祖母の家まで行くのか(ちょっと遠い)、近所の友だちの家に行くのか(迷惑かしら)、どうしようかと迷いながらテクテク歩いたことを覚えています。

だいたいが夜にそういうことを言われたので、夜空を見ながら歩くのが好きでした。
家に戻ろうなんて少しも思わなくて、むしろどこに行ってもいいんだという開放感と夜道を歩く背徳感に喜びを感じていました。

ほどなくすると探しに来た親に見つかって家に連れもどされるのですが、だったら出て行けとか言わなきゃいいのに、と子供ながらに思いました。
出て行きたくない、ごめんなさいとでも言えばよかったのでしょうか。
子供ながらに、親のことを「よくわからない」と思いました。

大人になってもよくわからないことは多くて困ります。
程度の差はあるものの、理路整然と整合性のある人など居ないんだと思います。自分も含めて。
人は理不尽なものだし、世の中公平に不平等だと思います。
[PR]
by tonpu-2 | 2016-06-03 20:00 | 日常 | Comments(0)

猫、カレー、ラーメン、たまに旅。


by tonpu-2