カテゴリ:写真( 21 )

写真のこと

ずいぶん久しぶりに写真集を見た。
「slow boat」
尾仲さんの写真集のうち、一番初めに手にしたもので今でも一番好きな写真集。
図書館で見つけたのは2006年。あれから10年経ったのか。

当時の僕はほぼ無職に近くて、何もやることがないから時間を潰すためによく図書館に行っていた。
銀色の装丁が綺麗な写真集があって、それは関美比古さんのもので、その隣にあったのがslow boatだった。

当時は写真に写されたもの、記号や構図、トーン、そういったものばかり見ていた気がする。
今はまったく違うものが見えてくる。

写真はただの写真でよいのだと思う。

金属のカメラを持って、フィルムをカバンに詰めて、写真を撮りにいきたいなと、また思えるようになってきた。



[PR]
by tonpu-2 | 2016-07-02 22:32 | 写真 | Comments(0)

さらば街道3

そうこうしているうちに街道が一旦閉じてしまった。。
新たに女子二人による運営となり、お客さんとして街道に通う日が続いた。
その頃、旅の写真を撮っても発表する機会がなくなり、どうしようかと考えていた。

旅の写真はいかにも作品という感じで撮っていて、それとは別に普段撮っている写真がある。
これは誰でも撮るもので、例えば記念写真や食べた物をブログやTwitterに載せるようなもので、PCにはかなりの写真が溜まっていた。
整理しながら眺めていると、これがけっこう面白いなと思った。
かっこよくしようとか、何かを狙って撮っているわけではないから自然だし、しかし時にヘンなものが写っていたりする。

ある日、街道を再開する。やりませんか?とメールが届いた。
二つ返事で快諾した。
まさか街道のメンバーになるとは思っていなかったから嬉しかった。

そして妻を撮った写真を発表することになる。

旅は一人の時間を撮っているもので、妻の写真には二人の時間が写っていると思う。
そしてそのうち猫が我が家にやって来て、二人と一匹の写真が増えていく。

家族の写真を撮るのはこれが初めてというわけではなく、ボケかかった頃の祖父を撮ったものがある。
ファインダーを覗いた時に、こちらをじっと見つめる祖父と目があったとき、何とも言えない感覚があった。
こんな風に自分を見る祖父を知らなかった。

家族の写真なんて、写真家から見たら日和った写真だと思う人もいるかもしれない。
僕にとっては何もない街を一人彷徨ってまたここに戻ってくることより、いまこの時間のほうがずっと大事だと思っている。
[PR]
by tonpu-2 | 2014-11-22 01:07 | 写真 | Comments(0)

さらば街道その2

続き

正しく言うとこの時全く仕事をしていなかったわけではなく、日雇いのような感じで友人のデザインの仕事を手伝い生計をたてていた。
しかし友人との関係が悪化し、日に日に仕事は減り、僕も頭を下げる気など毛頭なかったので悪循環である。
口座にはわずか二千円しかなく、しかもその先二ヶ月間収入のアテがまったく無い状態だった。

、、、脱力しながら渋谷郵便局の前を三往復ぐらいし、履歴書を投函した。
この応募がおそらく最後のチャンスで、もしも駄目だったら一切合切考え直さなきゃならないと思っていた。

ところが、あれよあれよという間に就職が決まってしまった。
嬉しい反面、出るのは溜め息ばかり。
仕事をするのは写真のためだと言い聞かせた。

金はできても時間が無いという状態になるのは目に見えていたので、自由でなくなる前に新潟へ撮影に出た。
その日は直前まで街道メンバーと新宿の吉野で飲んでいた。
時間ぎりぎりにムーンライト越後に乗った。
新潟までの切符だったけれど途中の燕三条駅で下車した。到着は朝4時頃だったかな。
外はまだ闇。駅には当たり前だけど誰もいない。じっとしていると寒くて死にそうだったので缶コーヒーで暖をとりながら歩きはじめた。
しばらく歩くと信濃川に出た。夜も明けてきた。
翌日は寺泊周辺を歩いた。昼に食べたカツ丼が不味かった。東京では散ってしまった桜が満開だった。

二泊三日の短い旅だったけれど思い出深い。
この時の写真は大阪街道塾のY君からの誘いもあり、ビーツギャラリーで発表した。

仕事をはじめてからもできるだけ時間を作って撮影に出かけるようにした。
写真とお金を貯めようと思った。
そして写真集を作る資金ができたら仕事なんぞ辞めようと思っていた。

続く
[PR]
by tonpu-2 | 2014-11-19 14:06 | 写真 | Comments(0)

さらば街道

昨日、ギャラリー街道が閉廊した。
ギャラリーとして借りていた木造アパートの取り壊しのためだ。
メンバーになって本格的に活動に参加してから今日まであっという間だったけれど思い返すといろいろあった。

2007年の立ち上げの時はまだ街道塾という尾仲さん率いるワークショップの生徒?だったので街道で展示する写真家の皆さんをなんとなく羨望の眼差しで見ていた記憶がある。
その後、入口のコーナーでピンナップの展示を若手でやることになり、なんとなく街道塾から希望を取って順にやらせてもらえることになった。
正直言ってこの時の僕の評判は悪かったに違いない(今もか)。
若手じゃないし。
写真学校とか行ってないし。
そして、たぶんアートとかデザインやってるいけすかない人種に見えたのだろう(今もか)。
他の人のようにウェルカムな雰囲気ではなく、渋々というか、、、街道で展示なんかやるなよというそんな空気を感じていた。

それはさておき、日本海を見たことがなかったので北側に行きたかった。
雪が降る荒れた日本海なんてロマンティックだろうなーとぼんやり想像していた。
しかしその年の冬は温かくて行った先に雪はなく天気が良かったのだった。

でも、今ふりかえると自分として一番好きな展示はこの時のピンナップだったりする。
バライタのモノクロで旅の写真なんて最高だと思う。
お客さんの反応は二の次で、自分でその写真を見ることが好きだった。
懐かしくて遠いのだけど近くにあるような親密な感覚。記憶を行ったり来たりして彷徨うような。

そしてこの写真をやり続ける事の大変さも知った。
なにが大変かって旅費が無い。フィルム代が無い。印画紙代が無い。
貧乏だと時間はあっても金が無いのである。そして残念なことに定収入も無かった。

フィルムを何本買うか、印画紙を何枚買うかとかそんなことに頭を使いたくなかったので定収入を得ようと仕方なく仕事をした(後に大変なことになる)。

続く。
[PR]
by tonpu-2 | 2014-11-17 14:09 | 写真 | Comments(0)

写真展はじまりました。

ご案内が遅くなりましたが本日より磯村昌司+坂巻剛好写真展「OKINAWA」がはじまりました。
場所はいつものギャラリー街道です。
詳しくはHPを。
http://www.kaido-onaka.com/

もともと3月に展示の予定は入れていたものの、仕事が忙しいのと写真へのモチベーションがガタ落ちで辞退するつもりでいました。
ある日、坂巻君から「なんかやりましょうよ」と誘われ、軽い付き合いのつもりで展示をすることに。
いざいろいろなことが進行すると軽い付き合いで済むはずもなく、本腰を入れることになるわけです。

まずはどこに行くのかを決めなくては。
散々迷った挙句に沖縄に。
理由は特にないです。
男二人で温泉地に行くの嫌だし、北は雪景色ばかりだし、、、という程度の理由です。
季節外れだからツアー代が安いのも魅力だった。

そして出発前日。
坂巻君から「予約した飛行機が欠航になった」との連絡。

そんな珍道中の写真です。
ぜひご来場ください。
DMも作ったのだけど送れていません。ほんとスイマセン。
僕は日曜日に在廊しています。
[PR]
by tonpu-2 | 2014-03-08 15:06 | 写真 | Comments(0)

写真展やります

Gallery 街道で写真展やります。
8/31、9/1、7、8
の四日間です。
ただいまDM制作中です。
a0191120_11143051.jpg


展示するのは6月にニューヨークへ行ったときの写真です。
メトロポリタン美術館やエンパイアなど、とりあえず一度は行っとけという名所巡りと食い倒れの記録です。
ぜひ見に来てくださいね。

話しはかわり、昨日、一年ぶりに大腸内視鏡検査をしました。
若干炎症の名残のようなものがあるもののキレイな大腸でした。
二年前の今の時期は入院していたので、やっと回復したと思うと感慨深いです。
長く寛解が続くといいんですが。
僕の発症原因はストレスだと勝手に思っているので、マズイと思った時は手を抜いたり休むようにしています。

そういう意味では今回のニューヨーク旅行も三泊五日の強行日程だったので、本当はダメなんですよね。
もっとゆったりしないと、、、。

休みの日に休んでると結局何もできなくて何のために生きてるのかわからなくなります。
かといって無理して何かやると疲れてしまう。

一人でふらっと旅に出て写真を撮ることも少なくなりました。仕方ないです。

10月はビッグイベントが待っています。これはまた後ほど報告します。
[PR]
by tonpu-2 | 2013-08-09 11:33 | 写真 | Comments(0)

写真展やります。

昨年の夏に台北を旅した写真を出すつもりでプリントしてましたが、うまくいかない。
散々悩んで、もう面白くするのは無理だと匙をなげてました。
写真へのモチベーションはガタ落ち。正直な話し、やる気ゼロでした。

ふと、三年前に撮影した台北の写真が気になりました。
何が写ってるんだろう、と。
当時撮影したフィルムは現像しただけで放置したままの状態。
急遽スキャナーを買い、フィルムをスキャニング。
モニターに映し出された初めて眼にする写真は、思い出せない夢を見るような不思議な感覚でした。
ほとんどが忘れていることばかり。
船に乗った写真があったのですが、全く覚えてません。
中には、あーそういえばここ撮ったかもという光景もあるけれど、うっすらとした記憶しかありません。
まるで他人の写真のようです。

あらためて写真を再構成して、カラーとモノクローム、フィルムとデジタル、撮影した年代も異なりますが一緒に展示することにしました。
鮮やかな記憶と朧げな記憶が重なる展示となります。
ぜひお越しください。

「台北/万理子」
3月2日、3日、9日、10日(土日のみOPEN)
13:00〜19:00
ギャラリー街道
[PR]
by tonpu-2 | 2013-02-27 15:38 | 写真 | Comments(0)

箇条書き

おやつにカレーパンを食べた後に今日はカレーの日だと知る。

大きな額縁を入手。街道の展示で使えるのか?
誰か運ぶの手伝ってくれないかな。

昨夜作ったDMはなかなか良いと思っている。地図も作り直した。

写真を撮る前にアレコレと考えてもほとんど意味がない気がする。
スナップは出たとこ勝負だし。
撮ったものをどう料理するかが面白い。

足りない頭で考えることより写真が教えてくれることのほうが多い。

晩ご飯は焼き魚らしい。

新宿の秘宝館に行きたい。

たくさん寝ておかゆと遊びたい。もふもふしたい。
最近寝るときは布団の上だから手をつないで寝たりする。LOVE。

人には期待しないし人から期待されたくもない。

旭川でジンギスカンと生姜ラーメン食べたい。
[PR]
by tonpu-2 | 2013-01-22 16:31 | 写真 | Comments(0)

写真

素朴な話し、キレイだなとか面白いなとか残したいなと思うものを撮る、でいいと思っている。
自分探しや現実の批評とかはどうでもいい。
自分にとって大事な物や事が写ればそれでいいかな。
[PR]
by tonpu-2 | 2012-11-18 17:33 | 写真 | Comments(0)
遅くなりましたが写真展に来て下さって皆様ありがとうございました。
妻とおかゆのフォロワーさんに会えて楽しかったです。
缶バッジは完売、冊子はGallery 街道のHPで間もなく通販を行います。
展示に来る事が出来なかった方は、もしもよろしければお買い求め下さい。

写真展が終わった次の日から台北に旅行し息つく暇もなかったのですが、やっと落ち着きました。
台北は二度目の訪問だったのですが、今回は妻も一緒だったので一人だったら行かないようなところにも行くことが出来て三泊四日の旅を満喫しました。
レポートは妻のブログをどうぞ。

写真は街道での月替わり展示で発表しようかどうしようか考え中です。
[PR]
by tonpu-2 | 2012-09-08 19:43 | 写真 | Comments(0)

猫、カレー、ラーメン、たまに旅。


by tonpu-2