唾石症その5

入院三日目


朝食が運ばれてきた。
a0191120_21031764.jpg
絶食後明けということで重湯+具無し味噌汁+牛乳。
口を開けづらいので液体だと助かる。
経口で栄誉が取れるようになると点滴が外れるので、とにかく全部飲んだ。

酸素マスクと胸の電極を外され、足下のマッサージ器を片付けてもらうとベッドもずいぶんスッキリした。
汗臭いベッドには消臭スプレーを撒いた。
早くシャワーを浴びたかった。

午前中に耳鼻科の診察。
ナースステーションでカルテの入った袋を渡されて二階に降りる。
受付で袋を渡すとすぐに診察室に呼ばれた。
舌の裏側は少し痛むけれど、首の傷の痛みはほとんどないことを伝えた。口を開けて中を見られた。
良好のようだ。歯を磨いても良いとのこと。
ドレーンの血液の量は20ml。
これが5ml以下になればドレーンを抜く。それまでには2、3日かかるとのこと。
ドレーンが抜ければ、その穴の傷が塞がるのを待って退院という流れ。

診察が終わってしまうとやることはない。ただ一日ぼんやりするだけだ。
ベッドに横になるといろいろなことが頭に浮かんだ。
不整脈も酷くてもう一生このままだったらどうしようとか、自分の駄目なことばかり思い浮かんで泣けてきた。
考えても仕方ないことばかりだから、とにかく食べて寝ることだけを考えようと思った。
(後になって思えばおそらく麻酔が抜けきっておらず、メンタルに来ていたようだ)

とはいっても暇で仕方ないのでデイルームにある漫画を片っ端から読んだ。
天才ファミリーカンパニー、ドラゴンヘッド、将太の寿司など。
置いてある本は患者が残していったものらしい。
病院に娯楽は少ないが、もう少しなんとかならないものかと思う。

夜が来た。
二日間ほとんど寝ていないので頭がジーンと痺れている。
今日も寝付けそうにないので眠剤を処方してもらった。
一錠だと多いかと思い、半錠にするためのピルカッターをナースステーションで借りようと思ったけれど置いていないとのこと。
まぁいいやと思いマイスリーを一錠飲んだ。

[PR]
by tonpu-2 | 2015-08-31 21:00 | 日常 | Comments(0)

猫、カレー、ラーメン、たまに旅。


by tonpu-2