入院15日目

二時頃に目が覚める。
不眠はステロイドの副作用の一つ。向かいの爺さんの寝言も凄いので耳栓をして、また寝る。

六時頃に目が覚める。

採血。

朝ご飯。
ご飯、じゃが芋の味噌汁、冬瓜と人参の煮物、おから、ミルミル。

昼前に便が出る。快調。肛門やや痛し。出血無し。

昼ご飯。
ご飯、人参の吸物、白身魚のチーズ焼きインゲン豆添え、ブロッコリーと小海老のオカカ和え、梨ジュース。

主治医が来る。
明日、大腸内視鏡検査。
下剤を飲んで奥まできっちり見るとのこと。結果問題なければ翌日退院!そして一週間自宅療養の予定。
炎症反応の数値も良好だし、左脇腹の鈍痛もだいぶ和らいだ。
今後はステロイドを一月で5mgずつ減らしていき、完全に抜く作業をしなければならない。
離脱に失敗すると再燃もしくは別の疾患につながるから厄介だ。
そんな話をしていたら突然「お酒弱いね」と言われた。「はて?なぜわかったんですか?」とたずねると、採血後に貼る脱脂綿のアルコールが皮膚に影響して赤くなっていたから。飲めないなら無理せずに止めた方がいいよ、と助言。

看護士と検温のときに雑談。
とにかくこの病気はストレスをためないことが肝心とのこと。ごもっともです。

これからはとにかく無理しないことを肝に命じよう。

夜ご飯。
ご飯、とろろ昆布の吸物、牛肉と筍と玉葱の玉子とじ、茄子のお浸し、ヤクルト。
明日に備えて低残渣食かと思いきや、牛肉が出てビックリ。煮てあるから柔らかいけど、とにかくよく噛むしかない。
しかしこれだけ食べられるようになったのは大きな前進。緩解が長く続けばいいなと思う。
普通に食事が出来ることがどれだけ幸せなことか、悲しいかな無くしてみないと僕はわからなかった。

食べている途中に妻が来る。
わりと早く退院の目処がついたと話す。

明日は朝から下剤2リットルが待っている。キツイな。
[PR]
by tonpu-2 | 2011-08-11 20:16 | 潰瘍性大腸炎

猫、カレー、ラーメン、たまに旅。


by tonpu-2